バストアップジェルとバストアップサプリを比較

バストアップサプリと比較

 

バストアップジェルと、サプリメントならどちらを使ったほうがいいのか知りたいって人も多いと思います。

 

そこで、バストアップジェルとバストアップサプリの特徴を比較してみることにしました。

 

それぞれに良いところと悪いところがありますよ。

 

バストアップジェルの特徴

バストアップジェルの特徴

 

バストアップジェルの特徴といえば、なんといっても、体内に成分を取り込むわけではないので、副作用の心配がないということです。

 

バストアップサプリに使われているプエラリアという成分は、人によっては体質に合わず副作用が出てしまう危険性があります。

 

しかし、バストアップジェルは直接成分をバストに届けることができるので、副作用の症状が起きにくいのです。

 

さらに、保湿作用も高いのですべすべ、しっとりのバストにすることができます。

 

バストアップジェルのデメリットは、やはり女性ホルモンの分泌がアップするわけではないので、効果を感じるまでにはかなり時間がかかってしまうことにあります。

 

1か月程度でバストがふっくらしてくるということはありません。

 

早くても数ヶ月くらいはハリがでるまでには時間がかかってしまいます。

 

バストアップサプリの特徴

バストアップサプリの特徴

 

バストアップサプリといえば、女性ホルモンの分泌をアップさせる働きがあります。

 

女性ホルモンの分泌が多くなることで、乳腺が発達していきます。

 

乳腺が発達すると、乳腺の周りは脂肪におおわれるので自然にバストが大きくなっていくのですね。

 

バストアップサプリはバストが大きくなるだけではなく、女性ホルモンの分泌不足が原因で引き起こす様々なトラブルを改善する効果も期待できます。

 

体の根本から体質を改善させていきたいという方にお勧めです。

 

バストアップサプリのデメリットは、やはり体質に合わなかった場合は生理不順などの副作用のような症状がおきてしまうことです。

 

最初は、少なめの量から飲み始めて様子をみることが大切です。

 

結局、決定的な違いは何?

違い

 

  • バストアップジェルは、脂肪を増やすもの
  • バストアップサプリは、女性ホルモンの分泌を促すもの

 

というふうな違いがあります。

 

女性ホルモン不足に悩んでいない方はジェル、根本から体質を変えたい人にはサプリというような使い分けがいいですね。

 

バストアップジェルはドラッグストアでも買えるの?